タダラフィルの原理

sad

タダリフトの主成分になっているのは、タダラフィルという物質です。EDの症状を改善するのは、この物質の働きによります。
ここではその具体的な働きについて見てみましょう。その働きについて見ることで、タダリフトがEDを改善させる原理を理解することができるでしょう。

タダラフィルの働きは、主に2つあります。血行の促進と、PDE5の阻害です。
血行の促進とは、読んで字のごとく血の巡りをよくするということ。この働きは、勃起をより確実にするために必要です。
男性器は勃起するとき、血管を拡張して血液を多く受け入れます。血液がたっぷり流れ込むことによってあの太さや固さを得ることができるのです。

そして、もうひとつ、「PDE5の阻害」はEDを根本的に改善させる働きです。
そもそもEDはなぜ起きるのかというと、PDE5という酵素が暴走するからだとされています。
酵素というのは人体の内臓や器官がそれぞれの働きをするためのトリガーとなるものです。酵素があるからこそ、呼吸が行われたり心臓が動いたり、胃腸が消化をしたりといったことが可能になるのです。PDE5は、男性器を勃起の状態から普通の状態に戻すためのトリガーになる酵素です。
しかしさまざまなことが原因となってPDE5が暴走し、「これから」というときになぜかトリガーの働きをしてしまいます。
脳が「勃起せよ」と下半身に指令を与えるとき、なぜかPDE5がしゃしゃり出て勃起できない状態にしてしまうのです。
タダリフトは、タダラフィルの働きによってPDE5の暴走を食い止め、この酵素によって邪魔されない勃起を可能とします。
タダリフトの効果が持続する間は、自然に勃起できるようになるのです。